今時の婚活パーティーに行くなら、お勧めは立食パーティー!

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

1.私の趣味は婚活でした!?

 

私は婚活パーティーへの参加が趣味、と友人に言われたことがあります。というのも、一時期は婚活パーティーに週5日参加していたことがその理由になります。その期間は1年ほどにも及びました。どうしてそんなに参加していたのかというと、純粋に彼女が欲しかったから。そのただ一点につきます。現在は彼女ができたため封印していますが、今回は私の出会い体験について紹介したいと思います。

 

当時の私はとある有名な企業の会社員でした。役職が付いていたわけではありませんでしたが、それでも大体の女の子は名前を聞くと目を輝かせる系の仕事です。最初は3分会話して次の方へ、というローテ形式の婚活パーティーに参加していましたが、会話に自信が持ててからは立食パーティー形式のものに参加するようにしました。その理由はローテ形式では「会話ができる時間が圧倒的に短い」のです。初めて会った人、そして婚活パーティーという空間から緊張感もあるでしょう。お互いが緊張した中でする会話というのは、恐ろしいまでに弾みません。稀に趣味が似ていたりすることで一気に盛り上がるケースもありますが、そういう場合は逆に時間切れになってしまいます。そして連絡先を交換できても、次につながらなかったり会えても時間が空いたおかげでなんとなく冷めたトークになってしまったり……。そんな経験を繰り返したある日、300人が集まる立食パーティーという婚活パーティーが目に入りました。300人なら多少偏っても100人くらいの女の子がそこに居合わせることになる、と思った私は早速参加してみることにしました。

 

2.実際に参加した立食パーティー

 

その時参加した場所は都内某所の、とあるビルの屋上付近のレストランでした。窓の外からは都内が見下ろせ、夜景としてもきれいなスポットです。乾杯の寸前に入場した私の目に飛び込んできたのはその夜景を楽しんでいる女の子たち。わずかに緊張しているようでしたが、飲み物を貰い話しかけてみるといつもの雰囲気が漂いました。そう、緊張している空気です。300人規模になれば空間こそ広く、夜景や料理は豪華になるもののその人の多さに今度は圧倒されてしまいます。さらに初めて会う男女、警戒心も手伝って女の子たちとの距離感はどうにも縮まりませんでした。従来のローテーション形式の婚活パーティと違ったところは、強制的に席が交換されるわけでも強制的に短時間で会話が打ち切られることもなく、その人たちとじっくり会話するコタできるというところです。

 

実際話が弾むまでには自己紹介から入って、少し話を聞いてみるという時間が必要になってきます。これまではその話を聞いてみる、というところで時間切れでしたが、立食パーティー形式の場合はそのネックが一気に消え去り話したいだけ話すことができました(ただし、主催する場所によっては、ある程度の時間でシャッフルタイムと言って別の方と話すことを促すパーティーもあるようです)。最初は勝手がわからず話しかけることもためらってしまいますが、大抵は「こんばんわ」のように挨拶から入り「お仕事だったんですか?」のように話しかければきっかけは作ることができます。かなり冷たくあしらわれることもありますが、基本的には相手の女の子も出会いを求めてきているのですし、会話には応じてくれるはずです。

 

3.立食パーティーの成果

 

最初はわかっていても話しかけることの恐怖感や、話しかけたはいいけどトークが弾まないということも多く経験しました。そのおかげで、立食パーティーに切り替えてからしばらくは連絡先がまともに交換できず、彼女を作る!という目的から遠ざかっているように感じました。ですが、通常のローテーション形式の婚活とは違い、慣れていけば連絡先をゲットできるかどうかは自分の腕次第、というところになると思い参加を続けてきました。この時期が「趣味は婚活】と言われた週5参加の時期でした。飛び込み営業のように、数をこなせば度胸もトークスキルも付くと思ったからですね。

 

その思いが実を結び、私は1回の参加で10人~20人程度の女の子と連絡先を交換することができました。1回の参加なので、週5計算で100人は超える女の子と出会っていたということになります。これだけ参加してもパーティーで出会う子が被らない、というのは色々な人と出会うことができてとてもよかったなと思います。女の子と仲良くなるためにおしゃれなお店を探したり、一緒に行ったりした経験は今の恋愛にも活躍しています。実際、私が今付き合っている女の子はこの婚活パーティーで出会い、その中で他の女の子から聞いたお店に一緒に行ったりもしています。会話の中で女の子から聞いたお店は、やはり女の子にウケがいいようですので、そういった意味でも情報収集も行うことができるというメリットはありました。恋愛関係にならなくとも、友達としてお店の情報交換をしてみたり、彼女の相談をさせてもらえる子も中にはいたりします。

 

単に彼女を作るだけ、が目的ならローテーション形式の婚活パーティーもよいのですが、私のように友達としても付き合うことができるのは、一人の女性と長く話すことができ、自分のペースで会話ができる立食形式のパーティーなのかなと思います。もし参加してみたい、けど友達に知られたくないという方は、一人参加限定のようなパーティーもあるので調べてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です