婚活パーティーで太鼓持ちに徹したら結婚を前提にしたお付き合いが始まった

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

今までの私は、婚活パーティーで自分のことを話しすぎていたと思います。
相手の話に耳を傾けないでいたら、私はコミュニケーションを取った気分になるだけです。
自分勝手な人間だと思われるはずなので、これまでに参加した婚活パーティーで出会いはありませんでした。
自分の間違いに気づいたので、次は婚活パーティーで大人しく振る舞おうと決めたのです。

 

気持ちを切り替えて参加した会場では、メジャーデビューしたけれども恋人ができず30代最後の一年を過ごしている女性シンガーに声をかけました。
素敵な声の持ち主なので、いつまでも話を聞いていたい気持ちになりました。
その結果、自己紹介の後は女性が話す内容に肯定的な返答を繰り返して気分を良くさせようと試みたのです。
女性は私のことを気に入ってくれたようなので、婚活パーティーが終わってからも合うことを約束しました。

 

当時の婚活パーティーでは他にも深い関係になれそうな女性が二人いましたが、結局はシンガーの女性とだけ関係が続いています。
最近では同棲することを検討しており、将来的にゴールインできるかもしれません。
太鼓持ちに徹する作戦が功を奏したので、婚活パーティーに参加しようとしている友人に勧めようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です