自己紹介(プロフィール)カードの書き方と工夫ポイントとは・・・

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

自己紹介に使うプロフィールカード、どうやって書いたらいいの?相手はどこをチェックしているのか。

ちなみに、私自身の 自己紹介カードはどう書いていたか?をお話しますね。
はぁ~懐かしいな~

名前 えみ
年齢 24歳
身長 154センチ
職業 会社受付
生まれ 神戸出身
住まい 東京都上野
趣味 読書、料理、旅行
好きな芸能人 イチロー(スポーツ選手だけど)
好きなスポーツ ランニング
皆へのメッセージ 今日は楽しみに来ました、よろしくお願いします

と書いていました。
書く項目は もっとたくさんあったけど、初めてで気後れして、空欄もいっぱいありました。
とほほ・・・あんまり書く内容が少ないと、冷やかしかと思われる可能性もあるので、びっちり書くまではいかないにしても、ある程度は埋めた方がいいと思われます(笑)それが人間ってもんです。

 

1対1の自己紹介タイムが始まりました。周りの参加者がまとも過ぎてでビックリした!

婚活パーティーがスタート!
まずは1対1の自己紹介をしていきます。
1人あたり3分だから、結構焦る~!ついつい早口になっちゃいます。
さっき書いた自己紹介カードを交換し合って、お相手の全体の印象と、自己紹介カードを一気に見ます。

 

話し始めたら、もう次々と相手の男性が代わっていきます。
正直「えっ、もう?」と 毎回なって私の頭はパニックになっていました(笑)
同時に お相手の印象もカードに書いていくので、とにかくこの回転寿司の最中はずっとあたふたしていました。

 

男女の人数は20~30人で、男女の割合は私が参加した婚活パーティーはどれも、女性の方が多かったです(笑)
やっぱり最近の女性ってガツガツ!じゃなかった(笑) 「恋愛に積極的なんだな~!」と実感しました。

 

婚活パーティー初参加の当時のえみが、実際に参加してみて参加者の方をざっと見渡してみた時や、実際話してみた後の率直な感想はこうです。
いや~「本当にこの人達が彼氏、彼女に困ってるの??」という位さわやかで清潔感があって実直に働いていて性格が良さそうな人達ばかりでした。それには私にとっては本当に驚きでした(笑)

 

参加する前の私は、婚活パーティーに関して勝手な偏見がありました。
申し訳ない話なのですが、あまりイケてない感じの方が多いのかなと思っていたのです。
婚活パーティーによって 様々な年齢・年収で区切りがあります。
参加した婚活パーティーには、男性の年齢は25~30代、年収も高めの方々で、しっかりした落ち着いた印象の方々ばかりが来ていました。

 

敢えて申し上げるなら、「忙しすぎて今まであまり出会いがなく、何となく婚期を逃したのかな?真面目で奥手なところがあって、あまり積極的には女性にアプローチするタイプではないのかな?でも付き合ったら、真面目に彼女のこと大切にしそう」と、いう印象を皆さんに受けました。でもこういう方々って、今考えてみると結婚相手にぴったりなんじゃないでしょうか?

 

対して女性の参加者も、皆さん男性と同じく、「この人本当に彼氏いないんだろうか?」と思うような女性が多かったです。
女性らしくて、さわやかにお話している感じが伝わってきて、やっぱり男性よりも女性の方がぐいぐい積極的にいっている感じを受けたのは、私だけでしょうか(笑)

 

やっぱり 時代の流れだな・・男性が「オレについてこいよ!」とグイグイ引っ張り、女性が「はい!ついていきます!」
そんな光景は、もう幻ではないかという位のレア光景になっているような気がします(笑)
男女お互いにとって、いい時代がやってきたな!うん!
男性全員と自己紹介トークタイムでお話しした後は、第一印象カードに印象が良かった方のナンバー、お名前の所に○や◎をつけていきます。

 

何だかドキドキ。
たくさんの人数の方とお話していると、会話の内容がごちゃ混ぜになっていた私(汗)。
それでも 好印象な方の会話のイメージや、会話した時の自分の気持ちはやっぱり覚えているものですね。
ドキドキ、トキメキながら、○や◎をつけていたのを覚えています。

 

その時の記憶をたどってみると、おそらく◎の方は1人、○の方は7名程いたような気がします。
気が多いかも、私・・(笑)でもでも、婚活パーティースタッフの方は、「カップルになりたい方は、なるべく多くの方にアピールしてください」と話してましたので、たくさんあっても問題ないのですよ。

 

おとコン,婚活,体験談,口コミ,婚活パーティー,otocon,オトコン

 

今週末開催される婚活パーティー⇒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です